孤独恐怖症?   


遅れましたが、

あけましておめでとうございます!

どうも、高見スミスです。

このブログもまだ始まったばっかり、これからもよろしくお願いします。


よく考えたら、まだ現時点で「日常」に該当するエントリがないことに気づいた。

しかし最近の僕の生活状況を見ていると…、

特別なことが何にもない。

いや、あったとしても面白く展開できる技術がない orz

なので、「思うこと」のエントリは続きそうです。

ということで、今日も続きます汗

「痩せたがる」女性について、です。

見た目、太ってもない女性が痩せたい、痩せたいと言っている。

何でだ?

人の好みなんて、本当にといっていいほど、それぞれだ。

ぽっちゃりした人が好きな人だっている。

テレビかなんかだったかな。

「あと、5キロ痩せなきゃー」なんて女性の発言。

いや、今のあなたがそんなに痩せたら栄養失調になるっつーの!

そうツッコんでいたくらいだ。

確かに、女性は常に美しくありたいと思うのはあることかもしれないが、

過剰なのもどうかと思う。

なぜ、そこまでして「痩せたがる」のか。


…とここまでが書こうと考えていた部分だったんだけども、

なんちゃら新書を読み漁っていたら、

それに該当するようなことが書かれていた。


女性は異性のため、などにそうしたがるのではない。

「皆と同じように」なりたいだけなのだ。

皆と同じように痩せて、皆と同じように流行を追いかけて、皆と同じように化粧する。



ということ。

確かに、女性同士の関係っていうのは、男性より複雑で深いものだろう。

でも、って思うのは、俺が男だからなのか。

何にしろ、日本の集団主義ってやつは…

なんて。



2008年の目標は…、

伝えたいことをより明確に伝えられるようにする

にしようと思います。

何とか汲み取って下さい汗


では。
[PR]

# by takami-smith | 2008-01-05 22:32 | 思うこと

思うことをひたすらに   


よくなくな~い?

結局どっちの意味なんだ。

いいよね、というニュアンスだそうだ。

現代についていけない若者汗

どうも、高見スミスです!

今日は僕の中での永遠のテーマ(?)、

頭の良さ、勉強のことについて、書きたいと思います。


僕は、学校の成績が良い人に向かって、

「頭いいね~」というコメントを、放っている人に対して疑念を持ちます。

頭が良いのと学校の成績が良いことは同じなのか?

確かにまったく共通していないわけではないと思う。

しかし、学校の成績なんて授業に真面目に取り組んだら、

それなりに取れるものじゃないのか?

僕は、頭の良さっていうのは、発想力とか想像力とかそういうことを言うんだと思う。

でも人間ってどうしても目に見える結果、

点数化されてるものとかにはけっこう弱いもので、

「 テストの点数 = 頭の良さ 」 と考えがちだ。

学校の成績が良い人っていうのは、努力家であることは間違い無いだろうけど。


あと、前々から思っていた、

勉強ができない人をバカ扱いする、この状況がおかしい。

勉強という1つのものができないだけでその人を否定するその状況おかしい。

勉強なんて、やったかやらないかの違いだけじゃないか。

あなたが見たのはその人のほんの一部でしかない。

実際に話し込んで、その人のいろんな考え方、価値観を聞かなければ、

その人の本当の頭の良さなんてわかるはずがない。


でも、1人1人にそんな風に対処してたら、キリがないし、

悲しいかな、しっかりしたカタチとしては残りづらい。

だからそういうちょっとニュアンスの違うカタチに残るものでしか、

判断基準に採用できないんだろう。

本当に優れている部分、なんていうのはカタチにしづらいんだろう。


そもそも、勉強をやっても内容は目的を達成するごとにすっとぶ。

やることで、確かに思考力の形成には繋がるだろう。

でも内容をゴリゴリと脳にすり込んだって、いつか半分以上はすっとぶ。

それでも何でやるんだろうか?

学歴、良い大学に入るため?

ってかそもそも「良い大学」って何だ。

偏差値が高い、ブランド力のある大学が良い大学なのか?

そんなこと言ってて、自分に合わなくて苦しいなら意味がないんじゃないか。

もし苦しい状況であるならば、4年間も耐えることに何の意味があるんだろうか。

…話はそれてしまったが、

何で勉強するんだろうか?

でもあの日本史とか化学なんて興味の無い人にとっては苦痛でしかないだろう。

進学校の友達に1回聞いたことがある。

「普通科の勉強なんかシンドいやろ?なんで毎日そんなやれるん?」

そうしたら友達はこう返してきた。

「うん…まぁ、皆やっとるしな」

僕はこの返事に疑問を感じた。

皆やってるからやる?意味がわからない。

自分のやりたいことの架け橋になるから、やってるんじゃないのか?

正直そう思った。でなければ、そんな面倒なことやる気にもならない。

書いていることを読んでみれば、ただの勉強しないヤツの屁理屈かもしれない。

あるいはキレイごとかもしれない。

でも、進学校の連中の疲れきった顔を見ていると、こんな風に考えてしまう。

努力するのも悪くないが、何かを見失わずにその時を楽しんで、

やれるようにした方が、まだ楽なんじゃないかな。

自分が本当にやりたいことに向けて、実現中の過程なのかも考えた方がいい。

そんな風に思う。


最後、何か受験生へのメッセージみたいなシメになっちゃいましたが^^;

今回も書きたいこと中心だったので、めちゃくちゃです汗

すいません、そんでは(゜Д゜ゞ)
[PR]

# by takami-smith | 2007-12-30 20:00 | 思うこと

才能という概念について   


最近、エキサイトブログにもいろいろと機能が充実してきた気がする。

052.gif  (°ロ° )?

こんなキラリと輝くアイコンを見つけたので、カーソルを合わせてみると

「エモーティコン画像」なんて書いてあったから、使ってみた。

021.gif ←たとえばこれ。

これは「だ~!」という絵文字らしい。僕のイメージした表現とはかけ離れていたが汗

ヤフーメールとかではよく見るような絵文字だが、

やっぱりケータイっぽく書けることが今のニーズなんだろうか?

どうも!高見スミスです。

また最近、気になっていたことを書こうと思います。

これです。急な展開申し訳ない(^皿^;)


● 自分の才能って何だろう? ●


自分の才能とは何だろうか?

これは考えたことがある人も少なくはないのでは。

「人間誰しもとりえがある」

こんな言葉を聞いたことはあるだろう。

これを「才能」という意味でとらえた、

じゃあ自分のそれって何なんだろうか。

もしかしたら、もう既に出会っている人もいるかもしれない。

出会ってても、それに気づいてない人もいるかもしれない。

一生見つからないで、人生を終える人だっているかもしれない。



これほど曖昧な要素もなかなか無いと思う。

なぜならこれは「努力」という要素と混じり合ってしまうものだからだ。

シアトルマリナーズのイチロー選手を例として見てみる。

ある解説者の話である。

「イチローは素質だけを見れば、ごく一般的なプロ選手と同じくらいだ。

しかし、彼は努力によって一流となった。」

簡単にまとめると、こういうことを言っていた。

僕の知っている限りでは、小学生の頃から毎日バッティングセンターに通い、

140km台の球をケージから2、3歩前に出て、打っていたそうで、

365日中、友達と遊べる日が、5日くらいしかなかったそうだ。


歌手のコブクロの背の高いボーカル、黒田さん。

彼はすごく伸びのある声で、歌がうまいと誰しも思うだろう。

しかし、裏では莫大な練習量があった。

プロの歌手でも、カラオケは非常にいい練習になるというのだが、

高校生の時、1週間の半分はカラオケで歌い、

専門学校生だったときも、カラオケでバイトしながら、

終わると1人で5時間もやっていたそうだ。

しかし、この話は結局のところ、皆才能どうこう考えているのではなかったのだろう。

「好き」という気持ちがあってこその努力だったと思う。

むしろ好きだったからこそ、努力とは本人自身とらえてないのではないか。

「好きこそものの、上手なれ」とはよく言ったものだと思う。

いくら才能を見つけて、たとえ自覚できていたとしても、

もしそれが嫌いだったら、才能を見つけても素直には喜べないのかもしれない。



話はそれたが、それだけ伸ばしようがあり、曖昧になってくる要素なのだ。

逆にいえば、ある程度磨いてみないとわからないものでもあるのではないか。

スポーツなどで世界のトップを目指す、という話から例えると、

ひたすら練習してトップを取れる人もいれば、結果を残せない人もいるだろう。

ダメだった時、ひたすら練習した上で、「自分にはその才能がなかった」と

思ったとしても、そこまでやらないとわからない。


ここまで、かなり好きなように書いてきたが、

結局のところ、才能なんて意識してわかるものじゃない。

開花して、成功して、万人にそこで初めてわかるものだ。

評価された当事者は、

努力(一般的に見たとらえ方)がなければここまで自分は成ってなかった、

とも思っているだろう。

結論、

才能とは、センス+努力。


文章は書きたいことをとにかく優先して書いたので、支離滅裂…汗

でも、伝えたいことが伝わってくれれば、もうそれでいいです汗

ブログですから!

それでは、すいません(^皿^;)

でも、好きなことを職業にできてるっていいなぁ…



僕の才能は何なんだろう…?
[PR]

# by takami-smith | 2007-12-27 12:27 | 思うこと

なんとかショック   


今日M-1ですね…見ないと笑

どうも、高見スミスです!

最近というか、小論文を勉強していた時に、

ニュース、新聞をかかさず見たほうが良いと言われたので、

見たりしてたときによく目についたんだけども、

環境問題。現状が本当にヒドいことがわかった。

石油があと50年、石炭はあと100年で尽きるって…

そんなバカげた話が…あるのかよ!というカンジ。

まだ50年後、寿命的に考えれば生きてるぞ!っつー話なのに。

人間ってホントにバカだと思った。僕も人間だけど汗

環境破壊とわかっていながら、何だか知らないけど、

便利な生活を求めるあまり、開発、開発…

結果、今に至ってしまった。

昭和に戻りたい、あの頃はよかった、誰だそんなこと言ってるのは汗

後悔してもどうにもならないこともあるんだぞ汗

もうちょっと早くから対処できなかったのか!気づかなかったのか!

そう思えて仕方がない。

これは「神様シナリオ」があるんじゃないか、なんて考えてた。

「○○年、人類誕生。文明が発達し、みるみる進歩していく。」

「○○年、しかし目先の利に意識を奪われ、自らの世界を破滅に導きかける。」

「○○年、他惑星に移り、存続を図ろうとするが、

人間は水がないと生きれない構造なので、うまくいかず。」

など、こんなカンジで神様が作ってるんじゃないのか汗

正直、人類がこのまま1000年、2000年と存在している確証もない。

結局、人間は神のヒマつぶしなのでは、そんな風にも思える。

別にキリストとか宗教に信仰があるわけではないが、こんな風に思う。

神様は全てを見ている。

これは満更、間違いではないのかもしれない。


書いてきたことは、ふと考えてたことだけども、

現実問題として考えて、どうこう言ってても、

何とかしていかなければいけないっていうのはあるだろう…

核心ある答えは出てくるのだろうか。
[PR]

# by takami-smith | 2007-12-23 18:12 | 思うこと

誕生   


初めまして!

高見(たかみ)スミス、といいます。

今日このブログを開設。

これからゆっくりやっていきたいと思います。

モットーは、書きたいことを好きなように自由に書く!

ごく自然かつ重要なことなんじゃないかな、と考えてます。

では、また本エントリで!

ヨロシクお願いします m(_ _)m
[PR]

# by takami-smith | 2007-12-16 23:03 | 思うこと